こねないパンを始めたきっかけ

strawberry-raisin-yeastbread
Pocket

数年前からパン作ってます

パンコネ機あったけど

パンをこねるのが好きであえて手ごねしてました

最初は楽しんでこねてたけど

そのうちこねるのが大変になって

カンパーニュを初めて作ったとき

レシピ見たらコネてる過程なくて

それでもパンが焼けた

 

これはひょっとしてこねなくても

パンって焼けるの?って

こねなくてもこねたくらい美味しく焼けたので

それからはこねずに焼いてます

 

でも、最初の頃

いっぱいこねてたおかげで

手が小麦の感覚を覚えてくれてて

今水分が多いのか少ないのか

発酵がすすんでるのかいないのかがわかるので

それはそれでよかったと思ってます

 

そもそも昔からなんでこねてたとか

ちょっと疑問だけど

こねないでもおいしいパンできるから

まぁいっか。

 

kleineaepfel

食べたいものは自分で作りなさい
母に言われてきた言葉

子供の時にはわからなかったけど
今はその意味がわかるようになりました

食は基本

値段が高いものが
いいものじゃなくて

本当に美味しいもの
体が喜ぶものは何かを
常に考えてます

そしてそれは
常にシンプルなものが多い

シンプルなものこそ奥深い

自然の流れやリズムに惹かれ
合気道やヨガもしています

こちらも考え方や教えは
常にシンプル

食のこと
ムダを省いた生活のこと等を
つらつら綴るブログ

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA