soybeans

味噌レシピ

Pocket

本当は2月に作りたかったけど作れず
3月初めに作った味噌

今年は下記のレシピで作りました。

miso-material

 

材料

  • 大豆          500g
  • 米麹             1kg
  • 塩         200g
  • ふり塩      40g
  • 重し用塩        1kg
 手順

1)大豆は結構汚れているのでよく洗い、
24時間ほど3倍の水につける

浸水直後↓
soybeans-before

豆が丸い浸水24時間後↓
soybeans-1day-after豆が楕円になり大きさが2倍以上に!

2)浸水に使ったお水で茹でる。
大豆はアクがかなりでるので、圧力鍋を使う場合でもアクが落ち着くまで
普通に茹でる。
アクが落ち着いたら一度火を消し蓋をして圧力をかける。
フィスラーの圧力鍋では「強」の圧力で15分ほど圧力をかけた。
また、圧力鍋を使用する場合、豆は少しずつしか調理できない。
説明書に従って、数回に分けて調理しよう。
指で豆がつぶれるくらい柔らかくなったらOK!
(普通の鍋で茹でると数時間かかるそう)

大豆のアク↓
soybeans-boiling

圧力を20分間かけて茹でた大豆↓
boiled-soybeans

3)茹でた大豆を茹で汁と大豆に分ける。茹で汁も捨てずに取っておく

cooking-liquid

 

4)ゆであがった大豆を潰していく
mashing-soybeans

 

 

 

 

 

5)塩と麹を満遍なく混ぜる(写真は混ぜている途中のもの)

 

6)潰した大豆と「5」を混ぜる。この時の硬さが、耳たぶくらいになればOK!
硬い場合は、先ほど残した「大豆の茹で汁」を入れて調整する

 

7)味噌を入れる容器に大豆のボールを空気を抜くようパンチしながら
入れていく
punching-miso

 

8)全て入れ終わったら表面を平らにし、ふり塩40gを振る
sprinkle-salt

 

9)上からビニールで密閉し、ジップロックに入れた重し用の塩をのせる
salt-for-weihgt

salt-on-miso

 

10)蓋をして新聞紙で包んで最低でも6ヶ月寝かせる
3月4日に作ったので、完成は9月中旬以降。まだ先だ〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA