発酵ブルーベリー

きび糖でブルーベリー酵素ジューズ

Pocket

ちょっとこだわりレシピ

私は色々な果実で酵素ジュースを作りますが
よく見かける酵素ジュースのレシピとちょっとだけ違います。

何度も作ってふと気づいたこと
実験してわかったことなどその度に変えて作ってます。

ここがちょっとこだわり

★砂糖はきび糖

ミネラルが邪魔するとの理由で、白砂糖を推奨するレシピが多いですが
実際きび糖でもできます。

そして、何と言ってもきび糖で作った方が美味しいです。

白砂糖で作るとべた甘いだけで終わりますが、きび糖で作ると味に深みが出てきます。

★手で混ぜない

酵素ジュースは手で混ぜて常在菌を入れるとされてます。
でも下記理由で、あえて手で混ぜないで作ってます。

  • 常在菌はすでに初日の作業の時点ですでに十分付いている
  • 手でませなくても発酵する
  • 手で混ぜるとテニスいた液がもったいない

常在菌を毎日補充するのもありだと思いますが
すでに初日に結構触っているので常在菌は付いています。

例えば、味噌を作るときも初日しか手で触らないけど
常在菌は仕込み時についているからその家にあった味噌になる。

実際、手で混ぜなくても、果実の糖分だけでも発酵しちゃいます。
だから手で混ぜなくても大丈夫。

そしてなにより
混ぜるたびに手にいっぱい付くジュースがもったいない笑

★砂糖は少なめ

果実の量の1,1倍レシピが多いですが
同量または(果実が甘かったら)0.9倍の砂糖で作っています。

★一回に作る量も少なめ

気軽に手軽に作れるようそもそもの作る量も少なめに作ってます。

もちろん果実と砂糖の比さえ押さえておけば、量を増やしても作れます。

作り方

材料

  • ブルーベリー  1パック
  • きび糖     ブルーベリーの0.9倍

1.ブルーベリーは軽く洗い、乾かす

無農薬のブルーベリーでないときは
ホタテの粉を入れたお水で洗ってください。

2.ブルーベリーを半分に切る

半分に切ると、水分が出やすいので発酵の進みが早くなります。
こういった切る作業などで常在菌がつきます。
菌は感情に敏感なので、優しく丁寧に触っているとおいしくなります。

ブルーベリーを切る

3.砂糖と交互に容器に入れていく

最初に砂糖を入れてブルーベリー、最後は砂糖で蓋をします。

瓶に入れる

4.水分が出てきたら、スプーンで混ぜる

水分が十分出てくるまで待ちます。
水分が十分出ていない時点で混ぜると
混ぜにくいのと、砂糖がスプーンに付いてきます。

かき混ぜる

5.いい香りがするまで毎日混ぜる

泡がぶくぶく出てこないこともあるけれど
香りが初日とは明らかに違ってきます。
ジャムのようなだいたい一週間から10日くらい。
環境によっても違うので香りで判断してください。

出来上がり

6.出来たら冷蔵庫へ

そのまま置いているとアルコール発酵してしまうこともあるので
冷蔵庫で保管。

〜使い方〜

  • 炭酸水とレモン汁を少し入れて飲む

ブルーベリー酵素ジュース

  • ヨーグルトと一緒に食べるのもオススメ!

ヨーグルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA