人生を肯定するということ

Pocket

アマゾンプライムで、
ジムキャリー主演の映画「イエスマン」(2008)を観た。

〜あらすじ〜
友達の誘いや、仕事でいつもいつも「ノー」としか言っていなかったカールが、あることがきっかけで、どんなことにたいしても「イエス」という誓約をたてることに。「イエス」と言い始めることで、人生が変わっていくというお話。

サブタイトルは「YESは人生のパスワード」。

このタイトルだけでも、「YES」って言葉がパワーあるのかなって思えてくる。
実はこのお話ダニー・ウォレスさんという方の実話を元に書かれていてる。
そうきくと、いっそう説得力がある。

もちろん、すべてのことにYESと言ったら、それはそれで大変なことになる。この映画でも結構色々おきてるし、実際、原作者のウォレスさんも、かなりの出費がかさんだりそうとう大変だったみたい。

でも原作者のウォレスさんはこう言ってる。

これ(YESと言い続ける)には献身的な取り組みが必要です。でもやめようと思うと、ある時、突然良いことが起こるのです。それは予想もしていないことで、なにか魔法のようですね

全てにイエスと答えた男–映画『イエスマン』原作者が語る新生活のススメより引用

ノーと言ってしまうのは、(YESよりは)簡単。
でも、そこで全てが終わる。

YESというと、結果はもしかしたら自分の思い通りじゃないかもしれない。
でも確実になんらかの展開があって、それが面白いことに繋がる可能性がある。そして彼はそれが魔法のようというからやってみたくなる。

映画の中でこんなセリフもある。
人生にノーというのは死んだも同然だ

このセリフを改めて考えると、誘いや頼まれごとを断ることって、
実は人生の小さなイベントにノー、つまりは人生にノーと拒否してるんじゃないかと思えてきた。

裏を返せば、YESというのは人生を肯定していることになる。
今まで自分の人生を否定していたのかもしれない。


もちろん、すべてにYESは、危険。
実際ウォレスさんも今は「すべてにYES」の生活は送っていない。
ただ、YESを言う回数を増やすことは勧めている。

少しずつでもその回数を増やしたら、きっと何かがかわってくるのかもしれない。
そう考えるだけでも、ちょっとワクワクする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA